×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

   


まだまだ高騰しているガソリン代(灯油代も)、ナントカナランノカ、と色々検索してみるとあるではありませんか。地域によってまちまちですが、是非検索し比較してみて下さい。

ガソリン代検索

ガソリン代の高騰で本当に四苦八苦しているのが現状です。少しでも節約出来れば有難いですよね。
マグチューンレボリューション★半永久的に燃費効率アップ!ガソリン車・ディーゼル車対応★【at-brains shop/美容健康ダイエットゲルマニウム品、生活家電まで!】







一定期間、無事故・無違反の安全運転者を対象にして発行されているSDカード。事故歴などの証明書(700円)を発行してもらうと、一緒に入手できるこのSDカードは、最近になって、持っているだけで、いろいろな割引サービスを受けられるようになりました。
例えば、提携しているガソリンスタンドの割引や宿泊施設の割引、その他自動車ローンの金利優遇など、お得な特典が一杯です。もし無事故・無違反であれば、ぜひSDカードを手に入れて、割引サービスを活用しましょう。
きっと700円のもとはとれるはずです。  http://www.jsdc.or.jp/



一言に事故歴車と言ってもその基準は難しくプロの査定士にでも判断しにくい場合があります。
中古自動車販売店では基本的に業者専用のオートオークションで買い付けを行いますがそのオークションの査定基準で判断することが一般的といえます。しかし全国数十カ所にも及ぶオートオークションの会場では事故歴の判断が微妙な車などで査定結果に違いが出る場合があるのはあまり知られていないのではないでしょうか?
事故車の判断を行う場合、さまざまな車種や車体形状によって違いが出てきますので、ここでは一般的なセダン(4枚ドア)車として考えます。
事故車の判断基準として見るのがフレームといわれる場所です。フレームとは、人で言うと骨にあたる部分で車体の核となる部分です。フレームが歪んでいるものや修復された後のある車が、一般的に事故車と判断される車です。また、あまりにも粗悪な現状の場合でも事故車として考えられる場合もあります。

Checkポイント・1】
まずは、ボンネットを開けて部品を外した後などが無いかチェックします。
しかし、これだけでは直接事故暦が有るか無いかは判断しません。
1. 新たに塗装された形跡などはないか?
2. 各部品の取り付けネジやボルトを外した後の様なキズは無いか? (ボンネット・フェンダー・ラジエターなど)
3.エンジンルームの内側に板金した様な凸凹は無いか?

Checkポイント・2】
手前から見てラジエターが取り付けられているフレームを第一メンバーと呼び、第一メンバーより内側に修復跡があると事故車として扱われます。

Checkポイント・3】
車体の組み立てにはネジやボルト固定の他、フレームなどの重要箇所では溶接によってしっかり固定されている部分があります。事故車の判断として一番有力なのがこの溶接部に亀裂がある場合や、後から溶接をやり直している場合が事故暦車として判断されますのでペンライトや照明などで照らしながら、よ〜くみてみましょう。

Checkポイント・4】
大きな事故などでフレームが歪んだ場合、フレーム修正機によって修復します。可能であれば車体をリフトアップ(持ち上げる)して見てください。車体を下から覗くと黒い柱のような骨組み(フレーム)が見えます。このフレームにフレーム修正機をかけた際に出来る、何かで挟んだ様なキズ跡がないか見てください。またフレーム修正後、上から塗装されている場合があるので怪しく感じたら注意深く見てください。このようなフレーム修正機跡も事故暦車と判断されます。


車の維持費を少しでも節約したい方はぜひウォッシャー液を手作りしてください。ウォッシャー液は、ガソリンスタンドやカー用品店で専用のものが売っていますが、簡単に作ることができてしまいます。作る方法は簡単で、台所によくあるママレモンのようなものと水を混ぜて作ります。その作ったウォッシャー液は、車のボンネットを開けて、ウォッシャー液を入れるタンクに補充します。あまりママレモンを入れすぎると、泡が残って、車のフロントガラスの周りが白く残ってしまうことがあるので、少し薄めくらいで作るとちょうどいいかもしれません。


旅行やドライブが多くなり、またエアコンの使用により、ガソ リン代がかさむ季節には、少しでもガソリン代を安く済ませたいものです。ということで、ガソリン代を少しでも浮かすための方法をいくつかご紹 介します。

【ガソリンを入れる場所】
必ずガソリンは観光地では入れずに、必ず出発地点の地元で入れるよう にしましょう。観光地ではガソリン代は比較的高く設定されています。特に価格表示が出ていないガソリンスタンドの場合、車にあるナンバー プレートを見て、それが地元でないと分かると、割高でガソリンを給油 します。また観光地でどうしてもガソリンを入れる場合はセルフのガソ リンスタンドを利用することをお勧めします。

Quoカードでガソリンを入れる】
一部のガソリンスタンドでは、Quoカードでの代金支払いが可能になっ ています。
Quo
カードであれば、金券ショップなどで額面より割引されて販売されているので、通常より安く給油することができます。


【高速道路でトラックを探す】
高速道路を走行中であれば、できるだけ大型のトラックの後ろを走るよ うにすれば、空気抵抗が少なくなり、無駄なパワーを使いません。空気の抵抗はかなり大きいもので、特に高速道路ではその力は大きく、 燃費に影響を与えます。競輪やマラソンでも、風の抵抗を気にして、わざと2番手につけたりするのはそのような理由のためです。とにかく高速道路であれば、できるだけ長方形の大きめなトラックを見つけて、その後ろを走るようにしましょう。
車間距離を取らずにトラックの後ろにつけると危険です。また視界が不良になるため、運転には十分に気をつけるようにしましょう。


【タイヤの空気圧を多めにする】
高速道路に乗る前に、タイヤの空気圧を十分に入れておきましょう。また普通の空気圧より10%〜15%多めに空気を入れておけば、燃費 向上が期待できます。走行距離100kmで3kmくらい多めに走れます。

【エアコンを使わない】
夏場には定番のエアコン。しかしエアコンを付けることにより、燃費は 10%悪化すると言われています。ただ単純にエアコンを使わないよう にするだけで無駄なガソリン消費を防ぐことができます。

【バッテリーを長持ちさせる】

カービュー新車見積り カービュー愛車無料査定 株式会社 ガリバーインターナショナル


 
中古車査定検索サイト