×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

   





電脳卸ドロップシッピング


タバコを早くやめたい人は。・・・

日本語だけで国際取引ができるワールドオークション


コンビニ、スーパーなどでもそうですが、先入れ先出し販売が基本。これは先に仕入れた商品を先に売ってロスを少なくしようという考えからきています。つまり同じ商品なら後ろのほうが新鮮ということ。そうやって選べば、新しい商品が買えます。ただし、缶詰類は作り立てより熟成してからのほうがおいしい。果実缶で製造後3ヶ月から、油漬けは製造後半年から1年経ったものが目安。またスナック菓子類は奥の商品は、商品の重みで割れていることがあるので注意! 


スーパーのお魚やお肉の食料品、その他総菜などでは、よくお買い得品を見かけます。私たち消費者は、これを見て、ただ単純に「安くなってる」と判断しがちですが、実際はそんなことありません。もちろん本当に安くなっているものもありますが、印刷された価格の場合は、たいてい通常価格の方が、ただ無駄に高くなっているだけだと思った方が正解です。
実は意外にも簡単に、本当のお買い得品を見破る方法があります。
方法は簡単で、実は価格の表示してあるシールに、正規の定価・通常価格が記載されているのです。もちろん私たちにはわからないように細工してあまりすが、慣れれば簡単にわかります。
シールには、価格、賞味期限の表示の他に、見慣れない不審な数字があると思います。「45」や「49」で始まっているような数字は、JANコードなので、それは関係ありません。その数字以外のものです。その数字は店員だけしかわからない秘密の数字の桁で、通常価格の他、製造加工時間、ところによっては卸業者コードなどが書かれています。
とある大手スーパーの例では、10桁の数字があり、一番右側の数字を除いた、右から4桁の数字が通常価格になっています。例えば、1025808503という数字があったとします。この場合、一番右の3数字は関係がないチェックデジットになり、0850が正規通常の価格になるのです。
この商品がお買い得価格で850円であればそれは全く割引されていないことになります。ぜひ今度スーパーに行く機会があれば、見慣れない数字をチェックしてみてください。
なお、これらの数字の見方は、スーパーによって独自に導入されているため、解読方法も異なります。まずはお近くのスーパーの数字解読に励みましょう。


スーパーなどでよく見かける試食。
いろいろな物が味見できてお買い物の楽しみの一つでもありますよね。お腹が空いているときはついつい食べるだけなんてこともしばしば。でも試食のコーナーには実は3種類の性質があって試食で食べやすいところと食べづらいところがあるんです。

その3種類とは、
1.アルバイト・派遣社員が試食コーナーをやっている。
2.専属の派遣社員が歩合制で試食コーナーをやっている。
3.そのお店で試食コーナーをやっている。

この3種類の内、1番のアルバイトや派遣社員がただの時給稼ぎでやっている試食は一番食べやすいし、安心したたくさん食べられる。2番目の専属の派遣社員(アルバイトも含む)の場合はかなりやっかい。その試食コーナーの人の自腹で食べ物を提供していることが多く、売上が命になってきます。自腹の分、歩合もたくさん付くので気合いは一番入ってますが冷やかし客はすぐに見抜かれます。主におばちゃんが多いのですが販売のプロがこの方式でやっています。3番目のそのお店で試食コーナーをやっている場合は、特別にメーカーから報奨金みたいなものが出るので、お店的にがんばって推薦し売上を立てたい時にやっているようです。このどのパターンかを見抜くことが大切ですが、結構わかりますので、これからはそういう目で見てみてください(笑)  ※これはあくまでうちのお店の場合であってすべてのお店が同じとは限りませんのであしからず。



現住所の公開という情報漏えいの危険を未然に防ぐ為にweb上で監視できる私書箱というのがあります。資料やカタログの請求用、プレゼントや懸賞の応募用、 オンラインショッピングやネットオークションの登録用…様々な場面で利用できます。サークルやSOHO等サイドビジネス、海外留学やロングステイ時の郵送物受け取りなど、 用途はまさに無限大です。簡単な操作で、日本国内はもとより海外の200以上の国・地域へ転送が可能ですし、必要な物だけ自由に選んで受け取れるので、要らない手紙でポストの中身がいっぱいになるわずらわしさからも解放されます。 しかも不要な郵送物はリサイクル処理されますので、セキュリティの面からも非常に安全です。是非試してみて下さい。現住所を知られず安心オークション『MyLetter.jp』



最近の電器屋さんでは値引き合戦が熾烈に行われています。そんなときこそ、表示価格のままで買うのはもったいない。そこで簡単な値引き交渉のテクニックをご紹介します。

電器屋でもっと安くしてもらう方法1!
最近の電器屋さんでは値引き合戦が熾烈に行われています。そんなときこそ、表示価格のままで買うのはもったいない。そこで使える値引き交渉テクニック。他店のチラシを持参する!他のお店の方が安いっ!とその証拠を突きつけると、ほとんどのお店で価格対応してくれます。ただし、他店の方が安くても、特価品や他店に在庫がない場合、また数量限定のものは無理なことが多いです。

電器屋でもっと安くしてもらう方法2!
電器屋さんは現金で買ってくれるお客さんを喜びます。それは、クレジットカードやデビットカードで支払われると、売上代金の数%をお店が負担してカード会社等に支払わなくてはいけなくなるのです。そこであえて、クレジットカードをちらつかせながら、値引き交渉をして、価格を下げられるところまで下げて、いざ支払の時には、「現金で支払うからもっと安くして!」とお願いしてみるといいです。

電器屋でもっと安くしてもらう方法3!
家電量販店の場合、派遣社員の比率がとても高くなっています。この派遣社員とは、お店の社員ではなく、メーカーから派遣され、販売応援をしているもので、そのメーカーの商品を販売することが主な仕事です。これらの派遣社員には、値下げの権限はないので、いくら値下げ交渉をしても時間の無駄になってしまいます。派遣社員ではなく、お店の正規の社員を探すことが先決です。お店にもよりますが、派遣社員とお店の社員を見分けるには、名札を見るようにしましょう。何かしらの区別がしてあるはずです。例えば、派遣社員であれば、名札の色が違っていたり、意味不明なシールが貼ってあったり、また記号がかかれていたりします。まずは、お店の社員を見つけ、値下げの交渉をするようにしましょう。


バーゲンセールで普段より値引きされ販売されている商品がある場合、商品は次の2つの種類に分けられます。一つは正規品として販売していて売れ残ったモノを値下げしている商品。もう一つはバーゲン用にバーゲン品を作った商品。品質的には前者の売れ残り品の方がよく、バーゲン品は質を落として作っているのが通例です。
実はこの2つの種類の商品を見分ける方法があります。
方法は簡単です。見るのは値札(タグ)。元のタグの上にシールが貼ってあるもの。それは元々正規品で売っていた商品。印刷で値引きされたタグが付いているもの。それはバーゲン品として作られた商品。
すべてのお店というわけではありませんが、大手百貨店や大手衣料卸会社などではこのようなシステムになっています。
バーゲンに行く機会がありましたらぜひ見てみてください。



普段生活していて当たり前のように買い物しているものや、当たり前の ように行っているあの場所でも、金券ショップを利用すれば、安く買えたり得できたりしてしまうことがたくさんあります。もう定価で買う必 要はありません。ということで、金券ショップを利用すれば簡単に安く買えてしまうもの をご紹介します。

【映画を安く見る!】
映画を見る予定があれば、まずは金券ショップを先にチェックしてみま しょう。
金券ショップでは、「前売り券」「試写会観覧券」「株主優待券」の計 3種類のチケットがあります。
前売り券は、元々販売価格が安いこともあり、安く売られていることが 多いのではありますが、なかなか品揃えは薄いです。
試写会観覧券は、一般公開前に先行公開される映画を見ることができる 券で、これらも金券ショップで売っていることがあります。
株主優待券は、東宝や松竹などが株主に配る優待券です。
これも金券ショップで売っています。
使用できる映画館が限られてしま いますが、前売り券や試写会と違って好きな映画を見ることができるの で、多少割高にはなりますが、よく利用する映画館で使用できる場合はやはりお得です。

【本を安く買う!】
本を買う場合も、まずは金券ショップを先にチェックしてみましょう。金券ショップでは定番の「図書券」「図書カード」「Quoカード」があり ます。図書券は、500円の券であれば、480円程度で売られています。お店にもよりますが古本屋でも使用可能なので、さらにお得です。
またプリペイド方式の図書カードは、使えないお店が多いですが、金券 ショップで売られている割引率は図書券より高く、お得度は高いです。
Quo
カードは1000円のカードが950円くらいで売られています。コンビニで雑誌や本を買う場合にQuoカードが有効です。ただし一部 コンビニではQuoカードでの支払いができないところもありますので、 ご注意ください。

【高速道路を安く乗る!】
旅行や出張など高速道路を利用する予定があるようであれば、まずは金 券ショップをチェック!
金券ショップでは、「ハイウェイカード」「高速券」があります。ハイウェイカードは、金券ショップでの定番商品でもありますが、額面 より若干割引になって売られています。また使用途中のものなども店頭 に並んでいることもあります。高速券はとても割引率が高い商品です。
例えば首都高速券の場合、定価 は700円ですが、580円程度で売られています。割引率は、15% 以上あります。
首都高では、ハイウェイカードは使わずにこのような高 速券を優先的に利用することが一番の節約になります。

【コンサートやスポーツ観戦を安く行く!】
金券ショップには、コンサートやスポーツ観戦のチケット、その他美術 館の入場券など、いろいろな種類のチケットが販売されています。
コンサートやスポーツ観戦のチケットの場合は、一部定価より割高にな るものもありますが、公演直前であれば、かなり割安で売られているこ とがあります。美術館や展示会の入場券などは、割引されていることが 多くお得ではありますが、品揃えが少なく、お気に入りのものがないこ ともしばしばです。こまめに足を運ぶことが必要になるかもしれません。

【金券ショップを利用してハガキを安く買う】
年末に慌てて購入する年賀ハガキも定価が当たり前と思っていたら大間 違いです。金券ショップには、年賀ハガキも年末に企業から持ち込まれることが多く、割引されて販売されています。また年賀ハガキ以外に「かもめーる」などの季節商品も割引されて販売 されていることがあります。ぜひ郵便局で定価で買う前に、金券ショップをチェックしましょう!

【金券ショップで買った金券を上手く使う方法】
金券を上手に買おうとするときにまず考える必要があることがあります。それはその金券がおつりがでるのか、でないのか。有名な話ですが、金券にはおつりが出るものと出ないものがあります。また、同じ額面価格でも、おつりが出る金券は、おつりが出ない金券よりも 高く売っている事があるようです。しかし、使い方によっては、おつりが出る金券を買ったほうが、お得になる ことがあります。
例えば、金券ショップで額面価格500円の商品券を480円で買ったとします。その商品券を使って520円の商品を買った場合、おつりがでない金券では、 商品券(500)+現金20円で支払いますよね。これで520円の商品を、500円 で買えたことになり、20円得をします。一方、おつりが出る商品券は、商品券(500)を2枚出して支払うことができます。もちろん480円のおつりが返ってきます。金券ショップで1,000円分の商品券を960円で買ったのですから、そこからおつり(480)を差し引くと520円の商品が480円で買えたことになり、40円 も得をしたことになりますしかし、おつりが出ない券の方が安く売っている場合があります。そんな 時は、両方の券を組み合わせて使えば、さらにお得使うことができます! 数十円単位でしか得はできないかもしれませんが、この積み重ねが大きな 節約を生みます。

【金券ショップで上手に金券を売る方法!】
金券ショップで買い取ってくれる金券は、未使用の新品だけではありません。実は、金券ショップでは使用途中のプリペイドカードも買い取っ てくれます。買い取りが出来るか否かは、お店の都合やそのプリペイド カードの残高にもよりますが、残高が余っていて使わないようなものが あれば売ってしまいましょう。ハイウェイカードは特に買い取りをしてもらいやすいプリペイドカード のひとつです。
詳しくはお店にお問い合わせ下さい。



季節の変わり目にはバーゲンセールが始まり、洋服を安く買えます。しかしこのバーゲンセールが本当にお得なのでしょうか?バーゲン商品の場合、主に売れ残りの商品が多くあります。バーゲン商品というのは、売れ残りにより商品自体の価値が下がり、通常の販売価格より、その下落した価値に見合った価格で販売しているのです。
つまり値引きされているというわけではなく、価値が下がっているということなのです。逆に値引きは、実際の価値より、値を安くすることです。つまり、こちらの方が本当のお得な商品になります。
もちろん、洋服のお買い物の時は、自分の中にある価値との比較も重要になるので、このことが一概にすべてとは言い切れませんが、バーゲン
品に惑わされず、真のお買い物上手になりましょう!


レオパレス21 無料で持てる私設私書箱『MyLetter.jp』 引越し達人セレクト
☆実店舗在庫とネットショップ在庫がリアルタイムで連動!☆

神から授かった奇跡のダイエット食材